ぽちたまブラシ?


猫1号が以前から気になっていた、言問橋西詰の「まーぶる刷子」というお店。一見、小汚い(失礼)雑貨屋風なのですが良く見ると店頭にはブラシとかはたきとか刷毛とか、とにかく「柄に動物の毛とか羽とか植えた道具」しか並んでいないという、ブラシ専門店。なんと大正3年創業なのだそうです。浅草・二天門前のお店の方がよく知られているようですが本店はこちらの言問橋のお店です。

昨日、浅草方面で昼食を食べて、ぶらぶらと散歩しながら帰宅する途中で、気になるものを見つけました。

大きさ(長さ)が分かるようにテレビのリモコンとハーゲンダッツを並べてみました。
大きさ(長さ)が分かるようにテレビのリモコンとハーゲンダッツを並べてみました。

やたら長い柄の先に小さい白いたわし…「背中掻き」なのだそうで。あまりにも気持ちよさそうなのでつい買ってしまいました。

店内でお勘定をお願いしている間に目に入ったのが「ペット用ブラシ」と書かれた商品。じっと見ていると店主のおじさんが「あーぽちたまブラシね、これ天然のイノシシの毛でほんとに気持ちいいらしくてね、今までどうやってもブラシさせてくれなかったワンちゃんが、自分からくわえておねだりにくるそうですよ」だそうで。思わず「おじさんこれもください」と言ってしまいました。1500円だったかな?2000円だったかな?値段をはっきり覚えておりません。

「どんなワンちゃんですか」「いやーうちは猫なんですよ」「あータマちゃんですか、そうですか」…おじさんに言わせると、ねこは全部「タマ」らしいです。

で、買ってきたブラシがこれ。

「毛玉取りブラシと同じ構造で少し毛が長い」のだそうで。
「毛玉取りブラシと同じ構造で少し毛が長い」のだそうで。

早速ブラシ好きのジョンさんをブラシしてみる。

ぶれぶれですがへろへろです。
ぶれぶれですがへろへろです。

自分からブラシに体をこすりつけて「ここもっと~」をします。メロメロ。

もしかしてこれならブラシ嫌いのシャーロックもブラシさせてくれるかも?と思ったのです。何しろいままで一度もブラッシングをさせてくれたことがない。ジョンさんがお気に入りのシリコンブラシを出してもすぐ逃げる。

で、こたつの下の定位置でくつろいでいたシャーロックにあててみました。

いやです。
いやです。

逃げられました。

それでも懲りずに夜、ベッドで寝ているところをそっとブラシで撫でてみると。

にゃんですか。
にゃんですか。
がじがじ。
がじがじ。
シャーロック玉はベージュ色。
シャーロック玉はベージュ色。

ジョンさんのように自分から「こっちもかけて!」とは言いませんでしたが、ブラシに興味は示してくれたようです。

ブラシのお手入れは付属品のブラシクリーナー(金属製のくまでのようなもの)を使ってブラシに絡みついた毛をとります。1回ブラシしただけのジョンさん、毛並みが見違えるようにつやつやになっていました。

シャーロックもブラシ好きになってくれるといいなあ。



アマゾンでも売ってましたよ。